シンガポールで仕事を見つける7つの簡単なステップ

シンガポール

仕事探しは本当に過酷な体験になることもあります。外国に拠点を移そうと考えている人なら、そのプロセスも複雑でしょう。仕事を見つけておく必要があるだけでなく、就労ビザの申請や提出書類との格闘の末、自分の生活を地球の裏側に移さなければらないのですから。

シンガポールの雇用企業は外国人労働者の雇用に慣れていますし、政府も外国人の受け入れに寛容です。ためらいがあるなら、この記事を読み進めていってください。シンガポールで働き始めるのはそんなに難しくないと感じていただけるでしょう。

履歴書無料レビュー

シンガポールの雇用市場は競争が激しいため、履歴書を送る前に、まずは履歴書のプロが書いたお手本を手に入れることを強くおすすめします。私たちは履歴書コンサルタント企業の大手と提携し、プロの視点で皆様の履歴書を仕上げます。さっそく履歴書のレビューを頼みたいという方は、履歴書無料レビュー(ハイパーリンク)にお問い合わせください。

1.シンガポールで働くことができるか確認する

まずは仕事を探し始めるより先に、シンガポールで働くための必要条件を満たしているかを確認する必要があります。労働パスにはいくつか種類があり、それぞれ必要資格も異なります。こちらの自己査定ツールで自分が入国可能かチェックすることができます(ハイパーリンク)。

2.シンガポールの希望業種について知る

シンガポールで仕事を見つけるための最初のステップは、自分が働きたいと考えている業種の分析を行うことでしょう。仕事探しが楽になるかどうかは、職種によります。急成長を遂げている分野もあれば、停滞中のものもあります。

シンガポールでは観光業が栄えています。特に人気のある観光アトラクションや豪華リゾートが最近オープンしたためでしょう。

コンピューターサイエンスも人気があり、小規模ながらゲーム開発分野の拠点的存在となっています。

Strategic and Skills-in-Demand List(スタラテジック・アンド・スキルズ・イン・デマンド)のリストには、雇用のチャンスが高い職業が掲載されています。シンガポールの未来を担う産業にとって必要となるであろう職種やスキルセットについての詳細が分かります。調べてみて、雇用のチャンスを高めましょう。

3.仕事に応募する

仕事を見つけるための求人情報サイトは数えきれないほどあります。求人について調べ、希望する企業の雇用者と繋がることもできて便利です。

新聞の求人広告から情報を得るという昔ながらのやり方もあるでしょう。

人材派遣会社や人材スカウト業を利用することを検討するもの良いでしょう。費用が高くつく可能性もありますが、就職率は一般的に高いです。また、人脈作りや紹介も重要な手段となりうるでしょう。

4. じっくり待つ

希望の仕事に応募して、最終候補者に残ることができたら連絡が来るでしょう。面接はすべて終わるまで少し時間がかかります。だいたい2週間から2か月といったところでしょう。

面接の準備はしっかりしておくことが大切です。面接は直接会う形ではない場合もあります。電話やテレビ電話などを通しても自分の専門についてしっかりと聞いてもらえるよう、理路整然と明確に話せるように準備しておきましょう。シンガポールは資格証明書を大事にする文化を持っています。優れた英語能力、国際的な姿勢、充実した技能資格をアピールできなくてはなりません。

5.合格の知らせが届いたら

仕事の合格、契約の知らせが届いたら、書類に目を通し、その仕事を引き受けるかどうか決断を下す時間を与えられるでしょう。たいてい3〜5日ほどです。給料が雇用許可証の必要条件を満たしているか確認しましょう。シンガポールの雇用企業は外国人労働者の雇用の手続きには慣れているので、スムーズに進むはずです。

6.専門職を対象とした手続き

シンガポールには専門職として扱われる職業があります。そういった職業は政府の手続きをして、その職種についての説明と賃金について詳細を知らせなくてはなりません。

事前登録が比すような職業は、歯科医、エンジニア、土地調査、法律関係、医学・製薬系、看護系の仕事です。これらの職業は地方条例の管轄で、登録者は全員その法令に従うことが義務付けられています。

仕事が決まり、詳細の最終決定が済んだら、自分の資格に合った就労ビザの申請を行うことができるようになります。

外国人労働者はシンガポールではいつも歓迎されますし、雇用パスの申請も大変だと感じることはないはずです。

申請書の提出の際は登録料を支払わなければなりませんが、返金はされません。オンラインでの申請なら処理が終わるまで7営業日ほど待つことになります。紙ベースでの申請は、長くて5週間ほどかかるでしょう。

雇用パス:上級職にある外国人労働者が対象。最低でも月額3,300シンガポールドル(約27万円)の収入があること、それに見合った技能資格を兼ね備えていることが条件とされます。

アントレパス:志を持った事業家が対象です。シンガポールの市場に新たなビジネスで挑戦しようという外国人事業家はこのパスの申請を行います。

パーソナライズド・エンプロイメント・パス:高収入の雇用パス所持者、あるいは外国人専門労働者は、このパスがあればほぼ全ての部門の職業に就くことができます。柔軟性が高く、特定の雇用者に縛られることがありません。

Sパス:中堅レベルの労働者が対象です。最低でも月額2,200シンガポールドル(約18万円)の収入があること、審査に合格していることが条件とされます。

その他の就労許可は、半熟練外国人労働者、家事労働者、パフォーミングアーティストなどが対象となります。研修生や学生、家族についての詳細はこちらをご覧ください(ハイパーリンク)。

仕事を見つけることは普通大変なものです。シンガポールでは、雇用市場の競争率は極めて高く、すでに地位のある専門労働者にとっても厳しいこともあるでしょう。

けれども、努力する価値があることが分かっていただけると思います。シンガポールは様々な文化のるつぼです。他の国々と比べてシンガポールの生活に慣れるのはかなり楽でしょう。

では、まずは求人広告を見ることから始めてみてください。そして、シンガポールの魅力的な世界の仲間にお入りください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です