ベトナムの就労ビザを取得する方法

ベトナム / 就労ビザ

外国人が応募可能な職種はいくつかあり、応募のためには特定の条件を満たしていなければいけません。

ベトナム経済の自由化により、ベトナムでビジネス拡大を検討している人たちにとっては良い状況が生まれました。そのフローオン効果のおかげで、ベトナムでは外国人労働者の雇用の機会が増加してきています。

ベトナム政府は、この経済発展と社会保障を管理するため、法的枠組みの改善を図ってきました。特に外国人労働者に関する事項の効率化が対象です。法令第11/2016/ND-CPと、ガイダンス通達第40/2016/TT-LDTBXHが交付され、就労許可申請の必要事項の見直しを行いました。

ここでは、ベトナムの就労許可申請の際に知っておくべきことをご紹介します。

外国人が就労許可申請できるカテゴリーは以下のようになります:

専門労働者

管理職および執行役員

インターン

短期契約熟練ワーカー

専門労働者は国外の関連当局か期間に熟練者として認めてもらわなくてはいけません。大学相当かそれ以上の学位、訓練を受けた専門の分野での3年以上の労働経験、ベトナムで働くこととなる役職に見合う労働経験があることが求められます。

企業法によると、経営者は民間企業の所有者、ゼネラルパートナー、役員会議長あるいは役員、社長、取締役会議長あるいは役員、取締役/最高責任者、または、会社定款に基づく会社取引に関わる権利を有する管理職の地位を持つ人物となることができるとあります。

経営者はまた、代行企業あるいは機関の責任者か副責任者となることができます。

執行役員は、各種機関あるいは企業の従属機関/従属企業の責任者、直接執行運営者のことを言います。

外国人学生は、ベトナムの代行企業や組織、企業からのインターンシップの同意を得ることが義務付けられています。

外国人のベトナムへの入国に関するカテゴリーは他にもあり、経営者、執行役員、熟練労働者あるいは技術者として30日以内の入国が認められています。ただし、ベトナムでの年間累積労働日数が90日を超えてはいけないことになっています。

ベトナムの就労許可を申請するための必要条件

就労許可を申請する外国人は、犯罪歴があってはいけません。また、ベトナムおよび国外の法律に基づく刑事訴追の対象となっていてもいけません。

パスポートの写しを申請者の母国の当局で認証してもらう必要があります。外国人の雇用のための事前承認通知書は申請書類に含まれてはいませんが、それでもベトナムの雇用企業は、規則に基づいて求められる書類の提出を義務付けられています。

過去に就労許可が認められたことのある人物は、特殊事情として認められます。2度目、3度目の申請のために移民局に残っている記録が利用され、提出書類が簡素化されます。

申請プロセス

ベトナムの申請許可申の申請を行うには以下の手順に従ってください。

雇用主から、ベトナムでのポストについての確認場を取得する。

パスポート用の写真を3枚用意する。

健康診断を受け、自国かベトナムの病院からの診断書を取得する。

自国の犯罪経歴証明書を取得する。

ベトナムの労働省に提出する申請書類とその他すべての必要書類を用意する。

何かあるとすれば?

ベトナム政府は、就労許可がない、あるいは就労ky他の期限が切れた状態でベトナムで労働に従事する全ての外国人を国外追放とします。

雇用主に関しては、外国人の雇用に関して、当局への報告の不履行および不足があった場合、500万ベトナムドン(約2万4千円)から1,000万ベトナムドン(約4万8千円)の行政処分が下されます。

雇用企業が、就労許可がないか期限が切れた状態で、または就労許可免除の担当機関が発行する確認書がないまま外国人を一人でも雇用した場合、企業側が以下の罰金を科されることとなります:

外国人労働者10名以下の場合は3,000万(約14万4千円)から4,500万ベトナムドン(約21万6千円)

外国人労働者11名から20名の場合は4,500万から6,000万ベトナムドン(約28万8千円)

外国人労働者21名以上の場合は6,000万から7,500万ベトナムドン(約36万円)

雇用企業の違反行為が深刻な場合、最高3か月までの営業の停止処分の可能性もあります。

ベトナムビザについて、もっと知りたい方は「ベトナムの労働許可証(ワークパーミット)と必要書類」(参考サイト:東南アジアの人材紹介会社 キャリアリンク)をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です