外国人がフィリピンで仕事を探す方法

フィリピン

フィリピンは太平洋西部に位置する国で、公用語はフィリピン語と英語です。

ここでは、フィリピンで外国人が仕事を探すための情報を紹介します。

一般的な求人検索エンジンと求人広告

以下のウェブサイトの0.5〜1.0%の返答率(応募した相手から返答をもらえる割合)くらいです。それでも、試してみると良いでしょう。何が起こるか分からないですし、1通のメール、一度の応募でどんなつながりができるか分駆らないものです。

JobsDB(ジョブズDB):Joraはアジア圏の大手求人検索サイトです。仕事探しの手始めに良いでしょう。

Job Street(ジョブストリート):フィリピンで仕事を探す際、私が2番目に使うサイトです。

Glassdoor(グラスドア):マニラで働くことを考えている際に便利です。

Best Jobs(ベストジョブズ):インターフェースは見づらいですが、求人の内容が充実。

Monster Pilippines(モンスターフィリピンズ):インターネットが普及し始めた頃からある、求人検索サイトの大手です。

Career Jet(キャリアジェット):名前を耳にしたことがあるかもしれません。フィリピン国内の求人情報検索ができます。

Indeed(インディード):アメリカの大手求人検索サイトのフィリピン版。

Craiglist(クレイグリスト):全ての求人広告サイトの草分け的存在。

Learn4Good(ラーンフォーグッド):様々なレベルの求人情報を掲載する優れたポータルサイトです。

英語教員の仕事

英語教員の仕事も選択肢の一つでしょう(英語ネイティブなら)。ここで紹介するサイトは、膨大な数の英語教員の求人情報が掲載されています。それぞれ閲覧してみてフィリピンの英語教員の求人をご覧ください。またインターナショナルTEFLアカデミーでは、世界各国で英語教員が得られる賃金の目安を出しているので、こちらもチェックしてみることをおすすめします。

ESL

ESL Employment(ESLエンプロイメント):見た目はさほど美しくはありませんが、英語教員の求人掲載数は圧倒的です。

Total ESL(トータルESL):こちらも細かくて見づらいインターフェースですが、海外での教員求人情報が豊富です。

ESL Cafe(ESLカフェ):世界中の求人情報が集められています。

Teasall(ティーズオール):大手の教員求人情報サイトです。

その他のサイト・ブログ

Transitions Abroad(トランジションズ・アブロード):フィリピンで働くことを考えている人を対象にした総合的な情報と、役立つリンクが掲載されています。

海外および外国人のための求人ポータル

Overseas Jobs(オーバーシーズ・ジョブズ):他の求人情報サイトと大きく重なることが多いようですが、多くの人に長く利用されているサイトです。

Go Abroad(ゴー・アブロード):私のお気に入りです。実際に私のウェブサイトで紹介しているビザに関する情報が、このサイトにある世界の大使館一覧にリンクしています。また、求人ポータルも充実しています。

Linkedin(リンクドイン):巨大な職業ソーシャルネットワークです。興味のある分野・地域の人とのつながりを作ることができます。

このサイトには、外国人がフィリピンでできる仕事を探すのに役立つ情報が多く掲載されています。フィリピンのビザに関する情報は、私のサイトのフィリピンのビザに関するページをご覧ください。また、日々の生活をもっと面白くしたいなら、フィリピンの出会い系サイトについての私の記事もご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です