カンボジアでの仕事の探し方

カンボジア / 仕事

カンボジアでの職探しは、主に希望する雇用のタイプによって異なります。臨時職員ならカンボジアについてからでも探すことが可能ですが、外国人として専門職に就く場合はカンボジアを訪れる前に下調べをしておくことが重要です。

英語が話せることはカンボジアで働く全ての人にとって望ましいスキルではありますが、現地の言葉(クメール語)を少しでも知っておくと仕事を探す際にかなり有利になるはずです。

サービス業の非正規雇用や英語教師の仕事を探しているなら、カンボジアデイリー紙やプノンペンポスト紙の求人広告欄で調べることができるでしょう。また、プノンペンのゲストハウスやレストランにある掲示板などでもよく求人情報を見つけることができます。

NGOでの仕事を探している場合は、カンボジア協力委員会の事務局に行くと、求人情報の掲示板がありますし、アドバイスもしてもらえます。

英語教師の仕事に関しては、学校側は契約の前に顔を合わせることを希望することが多いです。ここでは基本に返り、語学学校を訪れて履歴書などを提出しましょう。このとき必ず学長に直接渡すようにしてください。受付に置いていくだけだと、担当者に確実に届けられる保証はありません。

専門職を探す場合は、事前に国際人材派遣会社や求人情報サイトを通して準備を整えておくのが一般的です。そうすることで、複数の職種に応募することが可能になるだけでなく、適切な部署と繋がりを持つことができます。

仕事を探し始めるにあたっては以下の主要求人情報サイトをご覧ください:

Cambodia Recruitment Agency(カンボジアリクルートメントエージェンシー)−広範囲の地域を網羅した産業リストを通して求人情報を見ることができます。様々な分野が掲載されていますが、掲載されている求人の大多数はプノンペンやシェムリアップのものです。また、履歴書やカバーレターの書き方や面接に関する情報も知ることができます。仕事を探している人は、このサイトに登録し、調べたい仕事に合わせて条件をアップデートをすることができます。