タイで仕事を探している外国人のための12の儲かる仕事

タイ / 仕事

在タイ外国人のための「タイでの仕事」について、質問メールが頻繁に私のところに届きます。

そこで、外国人が就職可能な仕事の詳細に関する投稿をする時が来たのではないかと考えました。

この10年の間に、タイに移住してくる20〜30代くらいの外国人の数がずいぶん増えました。

タイが退職した老人たちのための場所だなんていう概念は薄れつつあり、まだ、隣の芝生は青く見えるくらいの感覚だとしても、こちら側の世界で暮らしたいと願う若い世代が台頭しています。

そしてこの7年間の間に、実に多くの様々な職種の人々と出会いました。(働く必要のない)生まれながらのお金持ちから、教師、非常勤講師、インターネットマーケター、レストラン経営者、不動産の転がし屋、NGO関係者、eBay業者などまで色々です。

実際のところ、タイで本当に働きたいのなら、それは可能です。

実現可能でお勧めの仕事を、可能な限りここでお伝えしたいと思います。実現のためにできること、手始めに見るべきウェブサイト等です。

ただし、絶対確実というわけではないことを念頭に置いておいてください。人生で手にする価値のあるものを手に入れるには、全て、それなりの犠牲と努力が求められます。

たとえば、タイで教員の仕事をしたいならTEFLの認定証が必要になります。もし、国際企業で働きたいなら、説得力抜群の履歴書を作成し、直接企業に問い合わせなければなりません。

フリーのライターなら、最低ラインから地道に這い上がっていくことになります。でもこれは、すぐにでもスタートできますね。

(タイを拠点とした)オンライン販売でのビジネスを考えているなら、市場を査定するのに入念なリサーチを行い、最低価格で最高の販売アイテムを求めて聞き込みをしなければならないでしょう。

ただし、次の事を知っておいてください:タイにいる何千人という外国人も、同じようにタイ、あるいはアジアの国に暮らし、働きたいという夢を持っていても、最初は何をしたら良いのか皆目見当もつきませんでした。

そんな人たちも今は夢に見た国で働き、生活しています。もちろん、彼らが望んだ形で夢がかなったかどうかはまた別のお話ですが。

タイで外国人ができる12の仕事

1.タイで教師になる

言わずとも分かる事から始めましょう。タイではいつでも教員の募集があります。ひと財産を築くというところまではいきませんが、タイできちんと生計を立てるには充分の収入を得ることができます。

国公立の学校なら毎月およそ30,000〜35,000バーツの報酬、私立の学校勤務で、週末に語学学校で働けば、経験に次第では毎月45,000〜100,000バーツくらいにはなるでしょう。

副業的に個人で家庭教師をしたり、週末に語学学校で働けばより多く稼ぐことができることを覚えておいてください。

言語学校もまた、問い合わせる価値のあるフルタイムの仕事です。スタッフの入れ替わりは定期的に行われるので、先を見越して履歴書を預けておくのも良いかもしれません。

そして言語学校の方が指導しやすい環境であることが多いようです。国公立の学校で働く教師のほとんどが、学校のカリキュラムを組んだり、何かしらの決断を下すにしても人材も能力も限られているし、子ども達の能力をアップさせることは簡単ではないと言っています。

教師の仕事につくには、TEFLの認定証が必要になります。TEFLの認定証取得に役立つ情報はこちらをご覧ください。

2.不動産業

タイでは別荘市場が活気づいているので、不動産市場の求人数も増加しています。

CBREやAbsoluteなどの企業は住宅地や共同使用の別荘の管理のサポートのために多くの外国人の雇用を行っています。

仕事の内容は、サムイやプーケットでバイクに乗って営業を行ったり、ビジネス開拓や運営管理などの仕事に就きます。

3.ダイビングインストラクターとして働く

PADIの資格があるなら、タオ島やフィフィ島、クラビなどの人気スポットでダイビングインストラクターになるのも良いかもしれません。

インストラクターなら月収30,000〜40,000バーツくらいになるでしょう。資格がない場合でも、インストラクターになるための講習や訓練を受けることも可能です。

インストラクターとして働きための詳細情報はSimple Life Divers(シンプルライフダイバーズ)のサイトをご覧ください。

4.フリーライターになる

言語に長けているなら、Upwork.com(アップワークドットコム)まどのサイトでフリーライターとして収入を得ることもできます。

さらに評判が良ければタイでの教員の仕事より稼ぐことができる可能性もあるでしょう。

仕事は、時給に換算すると最初のうちは平均10ドル(約1,100円)ほどで、将来的には毎月およそ1,600ドル(約18万円)ほどの収入になるかもしれません。

旅をすることが多く、現金が必要なら、トラベルライターとして自分の経験をネットに上げて収入を得るのはいかがでしょうか?もちろん、ネット記事を執筆するだけのスキルが必要です。また、有名になるには、イチかバチかで仕上がった原稿を提出しなくてはならないでしょう。

スキルと才能が十分に有れば、旅行系ウェブサイトや、機内誌、タイの新聞の別刷り付録での執筆の仕事などをいくつか貰える可能性があります。そして、自身のキャリアとして成功するかもしれません。

ただし、必ずしも旅行記事ライターになる必要はありません。ネットには数多くのライティングの仕事があります。

⇒ライターを募集している業者は、こちらをご覧ください。(ハイパーリンク)

5.Fiverr.comでサービスをする

クラウドソーシングサイトのFiverr.comでどれくらい稼ぐことができるか知ったらきっと驚くでしょう。人気のあるものなら一日100ドル以上は簡単に稼ぐことができます。

もちろん、利用料の1ドルを払わなくてはいけませんが、30分もかからずに仕事を終わらせることができて、さらに一つの仕事で100ドル以上稼ぐことができるような良い仕事があれば短期間でそれなりの収入が見込めます。

これならいつでも、どこでも仕事ができます。

⇒Fiverr.comに登録してサービスの提供を行う場合はこちらから。(ハイパーリンク)

6. 国際企業で働く

忘れられがちなのはタイには多くの国際企業があるということです。

管理業務の経験が十分にあるなら、履歴書を関連企業に送り売り込みをしましょう。タイに行く前に自分の国でも調べることはできます。

Linkedinを利用してタイに支社がある企業を見つけ、人事部に応募可能なポストがないか問い合わせてみましょう。

現在、自分の国で会社勤めをしているという場合は、タイに支社があるかもしれないので異動の相談ができるかもしれません。

社内異動でタイを目指す場合はこちらをご覧ください。(ハイパーリンク)

7.大使館や国連の仕事に就く

大使館や国連の求人も時折みられます。この手の求人には極めて詳細な条件があり、応募プロセスも面倒なものです。

求人情報を逃さないよう、ホームページを定期的にチェックする必要があります。欠点は、法律上求人広告を出すものの、たいていはキャリアアップの一環として内部職員が採用されるケースが多いことです。

8.国際開発事業者になる

社会開発・開発支援系の技能資格がある場合は、NGOや政府機関、その他の支援事業の仕事があるかもしれません。これらの仕事は期間契約のものが多いです。例えば、1〜2年の契約を結び、その後は契約を更新するか、場合によってはそこで契約が打ち切られます。

この分野に興味がある場合は、Devexの求人通知にサインアップしましょう。

9.映画・エキストラの仕事に就く

映画のエキストラは、在タイ外国人教師(国公立の学校の場合)と同じくらいは稼ぐことができるでしょう。友情出演やモデルとしてなら月額100,000バーツ(約34万円)以上もらえるかもしれません。

ただし、仕事が不定期なところが欠点です。たくさんの役に応募しなければならないし、結果につながらないことも少なくありません。また、セットで待たされることも多いでしょう。

エキストラの仕事は、日給で1,500バーツ(約5千円)ほどからあります。友情出演なら5,000〜20,000バーツ(約1万7千〜約7万円)、モデルなら5,000〜150,000(約1万7千〜50万円)ほどになるでしょう。

エキストラの仕事を探すならActors Association of Thailand(タイ俳優協会)のホームページをご覧ください。(ハイパーリンク)

10.バーやレストラン、ホテルの運営業務に就く

タイでは外国人がバーやレストランの運営を行っているのをかなり良く目にします。特にサムイやプーケットの島々やバンコクの繁華街に多いです。

こういった仕事は、外国人移住者や、オーナーの家族が引き継ぐことが多いのですが、運営業務の経験が十分にあるなら店舗に直接行ってみるのも良いでしょう。

また、ホテル運営の経験がある場合も、バンコクの高級ホテルなどに問い合わせてみることをおすすめします。大手ホテルチェーンでは、外国人が運営ポジションの高い地位に就いていることもよくあります。

11.タイを拠点とした起業家になる

タイの景気は良い状態にあり、そのため起業家にも多くのチャンスがあります。

輸出業からマーケティングコンサルタント業まで、資格があって、隙間に参入していけるようなら、誰かの下で働くのではなく、自分でビジネスを始めない理由はないでしょう。

タイでビジネスを始めることの利点は、企業準備の合間も生活費を低く抑えることができるという点です。財政的な負担を減らし、一本立ちするまでの時間を稼ぐことができます。

私はインターネットマーケティングのグループ会合に個人的に参加したことがあるのですが、同じ志を持つ人たちと繋がりを持つために、こういった会合は素晴らしい手段です。また、同じことに関心を持つ友人を作ることができます。

12.TTL求人掲示板をチェックする

定期的に、様々なポストの求人の募集はありますが、すばやく反応して履歴書を送らなければなりません。

けれども、遠回りすり必要はありません。このTTL(The Thailand Life)にも求人の掲示板があり、タイの新着の求人情報が毎日掲載されています。

タイで働くことに関して最後に一言

ここまででお分かりになったとは思いますが、タイには多くのチャンスがあります。そして、誰もが抱く「海外での仕事は英語教員のみ」という認識は、今はもう正しくないということも。事実、教師の仕事に情熱を持っていて、タイの教育制度に貢献したというのでなければ、自分が本当に興味のある職業を探すことをおすすめします。そうでなければ、自分の国にいた時と変わらない人生になってしまうのではないでしょうか?退屈で、パッとしない、定時で働く生活です。

とはいえ、別の場所へ行きたいのでなければ、教員はタイで仕事を始めて、かなり早くなじむことができる手段ではあります。

タイで本気で稼ぎたいなら、全く持ってそれは可能だし、そこそこの額にはなるでしょう。

何千人という外国人がタイに暮らし、働いていますが、彼らが何をしているのかという情報は多くありません。ネットに情報を上げる時間などないくらい忙しいのでしょう。けれども、大多数がここで述べた類の仕事に就いていることは確かです。

そしてここでの情報が皆さんのタイでの職探しに役立つことを願っています。また、もしすでにタイで働いている人がいたら、自身の職業や就職の経緯についての詳しい話をコメントして頂けたらと思います。そうすることで、このページを新たな在タイ外国人のための「タイの求人」情報とすることができます。